【2019年】金星と土星の最接近はいつ?見える方角や時間と大阪での観測ポイントまとめ

天体ショー2019

こんにちは、おまっちゃんです!

私は中学生の子供がいるのですが、天体ショーが大好きなんですね。

部分日食やスーパームーンなんか、ワクワクしながら見ていましたよ。

2019年も、色んな天体ショーが見られるわけなんですが
金星と土星の最接近が見られるという情報をゲットしました!

惑星同士の最接近なんて、聞いただけで面白そうですよね。

そこで、

  • 金星と土星の最接近が見えるのは何日か
  • 見える方角と時間はいつ?
  • 大阪で見るならどこがおすすめポイント?

について、ご紹介していきますので、ぜひ、お子さんと一緒に天体観測をしてみてくださいね。

<天体ショー2019のおすすめ記事>

2019年に金星と土星が最接近するのはいつ?見える方角や時間を紹介!

金星と土星の最接近について調べてみると、何と、2019年には2回も見られるとわかりました!

どちらも調べてみましたので、ご紹介していきますね。

金星と土星の接近が見られるのはいつ?

見られる日は、次の2日です。

  • 2月19日(火)
  • 12月11日(水)

どちらも寒い時期ですよね~、ブルブル。

「その日はちょっと都合が悪い」
という場合でも、ご安心ください。

惑星の接近の観測は、その当日でなくても、前後数日くらいは見えるそうですよ。

一番きれいに見えるのは、上記の日ですが、前後であっても大丈夫なので、それぞれの都合に合わせて、スケジュールを立ててくださいね。

当日は、しっかり寒さ対策をしておきましょう!

見える方角や最接近する時間は?

それでは、見える方角と時間については、次のようになります。

<2月19日(火)>
東南東から昇り始め、少しずつ南東に向かいます
・午前4時過ぎ~日の出前の6時ごろ

日の出が6時半ごろになりますので、その前までは見ることが出来るでしょう。

見える場所は、いて座の近くです

<12月11日(水)>
南西の空、高度20度くらいの位置になります
・午後4時ごろから。6時過ぎには沈みます

こちらも、見える場所はいて座の近くです。

どちらも2時間くらいは見えそうですね。

「天体望遠鏡がないと見えないのでは?」

と心配されるかもしれませんが、大丈夫です!

実は、意外にも、太陽系の惑星は土星までなら肉眼で見えるんですよ!

特に金星は、明けの明星、宵の明星といわれるくらいですから、わかりやすいですよね。

土星の見つけ方は、

「南の空のやや低いところにあるクリーム色の星」

と覚えておくといいですよ。

天体観測は便利グッズや無料アプリを使おう!

天体観測におすすめの便利グッズ

できれば、星座早見表のようなお助けグッズがあると、便利ですね。

学校なんかで配られる星座早見盤の他にも、

  • 星座早見つきキーホルダー
  • ポケット星座図鑑

なんかが持ち運びしやすくておススメですよ~。

こちらは、楽天やAmazonで買うことができますよ↓

星の手帖社 星座早見付 天体キーホルダー 月

裏面に星座早見表が書かれていて、表はいろんな惑星や星座の絵が書かれているんですよ^^

星の手帳社 新装版 ポケット星座図鑑

月ごとにどんな星座が見れるかわかるので便利ですよ♪

天体観測におすすめの無料アプリ

スマホのアプリにも、星座を調べられるものがありますので、ぜひ使ってみてください!

おすすめなのは、

  • 星座表
  • 星座早見AR
  • 88星座図鑑

星座早見アプリは色々あるのですが、 この3つはどれも無料で、何より日本語対応しているところがおススメ!

私は昨年は、子供と一緒に肉眼で火星を見ましたよ。

今回の金星と土星の最接近も、今からワクワクしています。

スポンサーリンク

大阪でのおすすめな観測ポイントを紹介!

大阪で天体観測におすすめの場所は、次の2か所です。

どちらも、キャンプ場になっていて、天体望遠鏡でも観測がしやすいですよ。

アーバンオートビレッジ 舞洲オートキャンプ場

<名称>アーバンオートビレッジ 舞洲オートキャンプ場
<住所>〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目1-128

何といっても 大阪市内ですので、アクセスしやすいですよね!

都会のわりに、キレイに星が見えると評判なので、期待できます。

枚方市野外活動センター

<名称>枚方市野外活動センター
<住所>〒573-0114 大阪府枚方市穂谷(大字)4550

ここのおすすめポイントは、 大阪府で最大級の天体望遠鏡があることなんです!

この望遠鏡を使って、月に一度、星の観測会も開かれていますよ。

2月16日の夜には天文教室もあるので、金星と土星の最接近の前に、改めて予習にもなりますね。

まとめ

今回は、金星と土星の最接近の日程や、見える方角と時間

大阪での観測ポイントについて紹介していきました!

  • 1回目に見えるのは、2月19日の日の出前、東南東の空
  • 2回目は、12月11日の日没前、南西の空
  • 大阪での観測ポイントは、舞洲オートキャンプ場と、枚方市野外活動センターがおすすめ

星といっても、「〇〇座」だけではありません。

惑星だって、十分に楽しめる天体なんです。

流星群とか、日食や月食のような派手さはありませんが、めったに見られない天体ショーなので、ぜひ、親子で楽しんでみてくださいね!

<天体ショー2019のおすすめ記事>

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました