【2019】中秋の名月のピーク時間や方角は?福岡のおすすめ観測スポットも!

こんにちは、秋の夜は虫の音色を聞きながら、お月様を見るのが好きなおまっちゃんです(^^)

秋というと、まずイメージされるものの一つが、「中秋の名月」ですね!

昼間は暑くても、夜になるとムッとする暑さが減って来て、お月様を眺める余裕も出てきました。

わが家でも毎年、中秋の名月を楽しんでいるので、日程を調べるのは欠かせません。

ということで今回は、

  • 2019年の中秋の名月の日程やピークの時間は?
  • 中秋の名月が見える方角と見つけ方は?
  • 福岡のおすすめ観測スポット

について、ご紹介します。

この情報をいかして、ぜひ、ご家族でお月見を楽しんでくださいね!

2019年の中秋の名月の日程やピークの時間と方角は?

2019年の中秋の名月について、さっそく調べてみました!

2019年の中秋の名月の日程やピークの時間は?

中秋の名月の日程は

「9月13日(金)」

となっています。

ちょうど、3連休の前日なので、ゆっくり見られそうですね!

月は、月の出から月の入りまで見られるので、あまり時間にこだわる必要はないんですが、 一番真上(南中)に来る時間をピークと考えます。

南中の位置にきた月が、もっともきれいに見えると言われているんです。

このピークの時間は、各地で違ってくるんですが、福岡の場合は、

「23時58分」

で、ほぼ真夜中ということになります!

当日の福岡の月の出入りの時間は、

  • 月の出:18時19分
  • 月の入り:04時47分

です。

だいぶ、日も短くなってきていますね~。

ピークの時間が遅いので、小さい子供がいる場合は、もっと早めにお月見をするのもアリですよ。

わが家でも、毎年お月見は、月が出たらベランダに出て眺めるようにしています。

あくまで、目的はきれいな月を眺めることですから。

ところで、中秋の名月の英語名をご存じでしょうか?

「ハーベスト・ムーン(Harvest Moon)」と言うんですよ。

Harvestは、収穫という意味です。

日本語名だと芸術的な感覚ですが、それとは全く違って、もっと生活感がある名前に感じます。

日本人は、古来から月を眺める風習がありますから、感じ方が全然違うんでしょうね。

中秋の名月が見える方角と見つけ方は?

月は、太陽と同じ動き方をします。

時期によっては少し違う動きになったりもするのですが、 満月の頃は、日暮れとともにほぼ真東から上がってきます。

お月見をするのは、だいたい日が沈んでから日付が変わる頃までですよね。

なので、 中秋の名月を眺めるのに最適の方角は、その時間帯によって、

「東~南東~南」

となります。

満月が南中(真上)に来るのが、ほぼ真夜中なので、 東から南にかけての空を見ていれば間違いありません。

星と違って月は大きいですし、晴れてさえいれば、すぐに見つけられますよ。

餅つきをするウサギの姿もよく見えるでしょう。

当日、雲が多くないことを祈りましょうね!

ところで、日本ではよく「月ではウサギが餅つきをしている」と言いますが、実はこれ、 インドに伝わる神話が起源とされているんですよ。

飢えた老人のために、自らの身を捧げたウサギが月に昇っていった、という説話が日本に伝わり、「今昔物語集」に入れられたんです。

更に、 古代中国では、月のウサギが不老不死の薬を作っていると考えられ、それが日本に伝わると、「餅つき」に変化したそうです。

なぜこんな変化をしたのかについては諸説ありますが、その一つに、日本では満月のことを「望月(もちづき)」と呼ぶので、そこから「餅つき」に転じたというのがあります。

ほとんどダジャレの域ですが、これも日本語の言葉遊びみたいで、楽しいですよね。

福岡のおすすめ観測スポット

中秋の名月をより楽しめる、福岡のおすすめ観測スポットをご紹介します!

お月見も夜景も一気に楽しめる【福岡タワー】

<住所>福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3-26


福岡タワーでは、中秋の名月に合わせて、9月13日まで、18:30~23:00の間、「お月見イルミネーション」が点灯しています。

タワー全体に黄色い満月やススキなどが浮かびます。

満月の中には、時々ウサギも現れますよ。

更に、 地上123メートルのタワーの展望台からは、夜景も楽しむことが出来ます。

一気に色々楽しめる、ゴージャスなお月見になりそうですね!

月に照らされた飛行機の姿も見逃せない!【福岡空港】

<住所>福岡県福岡市博多区大字下臼井778-1


福岡空港の送迎デッキや展望室から、お月見をすることが出来ます。

空港ですから、何と言ってもアクセスしやすいのがメリット!

照明等で明るいので、星の観測には不向きですが、月はしっかり見ることが出来ますよ。

ただし 営業時間の制限がありますので、

  • 国内線展望デッキ:~21:30
  • 国際線送迎デッキ:~20:30

以上の時間にはご注意くださいね。

お祭と満月を一緒に楽しむイベントがある【天拝山歴史自然公園】

<住所>福岡県筑紫野市武蔵629-1


九州最古と言われる「武蔵寺」を中心とした、天拝山のふもとにある自然公園です。

ここでは毎年、中秋の名月の頃に、

「二日市温泉と天拝山観月会」

という大きなイベントが行われています。

2019年は、中秋の名月の翌日である9月14日(土)に行われます。

お茶会やバザー、雅楽の演奏や花火など、盛りだくさんのイベントです!

連休の初日に、お月見とイベントの両方で楽しめますね。

まとめ

今回は、2019年の中秋の名月の日程や見える方角、福岡のおすすめ観測スポットについて、ご紹介しました。

  • 2019年の中秋の名月は9月13日(金)
  • 見える方角は、東~南にかけての空
  • 福岡のおすすめ観測スポットは、「福岡タワー」「福岡空港」「天拝山歴史自然公園」

お月見は、家族で楽しめるイベントの一つですよね。

わが家でも、毎年子供たちと月見団子を作っていたのですが、今年は当日が忙しく、一緒に作れません。

私が一人で作るんですが、何とリクエストで「フルーツ白玉にして!」と言われてしまいました。

もはや、お月見は関係ないのでは…と思ったものです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました