ペルセウス座流星群2019(8月)の日程やピーク時間と方角は?大阪のおすすめ観測スポットも!

天体ショー2019

こんにちは、流星群と聞くとワクワクしてくるおまっちゃんです!

流星群という言葉の響きが、もうロマンチックですよね。

私の子どもも、学校の授業で習ってから星が大好きで、
「流れ星が見たい!」
と言っています。

そこで、夏になると見られる有名な「ペルセウス座流星群」について、調べてみました!

ということで今回は、

  • 2019年のペルセウス座流星群の日程やピーク時間と方角は?
  • ペルセウス座流星群が見える方角と見つけ方
  • 大阪のおすすめ観測スポットは?

について、ご紹介していきたいと思います。

夏休みは、絶好の天体観測のチャンスです。

この機会にぜひ、親子で流星群を眺めてみませんか?

2019年のペルセウス座流星群の日程やピーク時間と方角は?

2019年のペルセウス座流星群について、早速調べてみましたので、ご紹介していきますね。

2019年8月のペルセウス座流星群の日程やピークの時間は?

三大流星群の一つでもある、ペルセウス座流星群。

ちょうど夏休みにもかぶっているので、知っている人も多いのではないでしょうか。

1時間で約30~60個の流星が観測できますので、とても観測しやすい天体ショーなんですね。

流星群の極大の日時は、

  • 日程:8月13日
  • ピークの時間:16:00~17:00

となっています。

ピーク時間が日没前なので、この時間帯にはあまり流星を観測することはできません。

なので、この時間帯をもとに、前後の夜の時間帯に見るようにしましょう。

12日や14日の日没後や、13日の深夜などがおすすめです。

私自身は、ずっと前、ピークの時間帯を知らなくて、極大の日の深夜に観測したことがあります。

スーッ、スーッ、と尾を引くように流れていく流星が、結構たくさん見られて、目で追いかけるのに忙しい時もあったくらいでした。

ピークの時間帯ではなくても、しっかり見られるので、ご安心ください。

願い事をする暇もなかったくらいでしたが、とても良い経験でしたよ!

ペルセウス座流星群が見える方角と見つけ方

流星群の方角は一定ではないので、視点を一方向に固定する必要はありません。

むしろ、空全体を眺める感じで、ボヤーッと見ている方が、流星に反応しやすいと思います。

ペルセウス座流星群の放射点が、
「北東の空」
となっていますので、そちらを向いていたら間違いはないですね。

ただ、8月の満月が15日なので、ピーク時の13日はかなり月が明るいと予想されます。

こんな時は、月を背中にして空を眺めると、少しでも月の明るさを減らせると思いますよ。

8月13日の大阪での月の方向が、
「南南西~西南西」
となっていますので、

見えやすい方角は、
「東~北」
となります。

放射点も合わせて考えると、見やすいおすすめの方角は、
「北東の空」
ということですね!

観測前に、しっかりと方角を確認しておきましょう。

また安全に天体観測を行うためにも、

  • 懐中電灯
  • 上着
  • 水分補給用の飲み物

は、必ず持って行くようにしてくださいね。

場所によっては、夜間になると気温が下がることもありますので、調節しやすい服装をおススメします。

大阪のおすすめ観測スポットは?

大阪でペルセウス座流星群を観測できるスポットをご紹介します。
親子で行きやすい場所として、おススメですよ!

長居公園

【名称】長居公園
【住所】〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1−1

大阪市内だと周りが明るすぎて見えないのでは?と心配になってしまいますが、意外にもこの公園は見やすいんです!

地下鉄の長居駅からもすぐなので、アクセスしやすいのもとっても嬉しいですよね。

駐車場も完備されているので、小さい子供がいる場合は、車で来られるのも助かります。

私も何度か訪れたことがありますが、緑が多くて広々しているので、天体観測もしやすいと思います。

舞洲スポーツアイランド

【名称】舞洲スポーツアイランド
【住所】〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目2−15

夜の天体観測で何が困るって、帰りが遅くなってしまうことですよね。

ここの利点は何といっても、宿泊施設があることです!

ホテルも和洋室そろっていますし、ログハウスもあります。

宿泊コースにしてしまえば、小さい子供がいても、安心して観測できますよね。

バーベキュー施設もあるので、一日フルに楽しめます。

アウトドアをより楽しみたい場合は、併設されているキャンプ場に泊まることもできますよ。

箕面公園

【名称】箕面公園
【住所】〒562-0002 大阪府箕面市箕面公園1−18

秋の紅葉や箕面の滝で有名な公園ですね。

アクセスしやすい場所なのに、周りは自然が多くて、天体観測にもうってつけです。

駅からも歩いていけますよ。

私も紅葉シーズンに行ったことがありますが、歩きやすい道でした。

ここは駐車場がないので、公共交通機関で行くようにしてくださいね。

まとめ

2019年のペルセウス座流星群を観測するには、

  • ピークは8月13日の16時~17時
  • ピークの前後の日程でも見ることが出来る
  • 月が明るいので、北東の空を見ると見つけやすい
  • 大阪で見やすいスポットは、「長居公園」「舞洲スポーツアイランド」「箕面公園」がおすすめ

以上のポイントを押さえておきましょう。

ペルセウス座流星群は、数が多いのでとても見つけやすいです。

小学生の子どもには、夏休みの自由研究にも使えそうですよね。

親子で、夏の夜のひと時を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました